給湯器

修理の依頼

給湯器は様々な現場で利用されます。そのためなくてはならない存在と言えます。そのため、故障した時に給湯器を修理することができる業務をしっかりと把握することが大事です。

» もっと読む

費用を抑える

給湯器も長年利用することで故障してしまうことがあります。そのため修理を利用する必要があり、その修理を利用する際には、安価で活用することができる業務を調べることで費用を抑えて給湯器を直すことができます。

» もっと読む

交換する時期

給湯器の寿命について

中古マンションを購入して住んでいます。つい最近の事ですが、お風呂にお湯を貯めて、さあ入浴しようと思いきや、ほとんど水のようなぬるさでした。給湯器を確認すると電源がオフになっていました。そうであれば、もう一度電源をオンにしてお湯を入れなおそうとしましたが、ダメでした。寒い中、冷たい水でシャンプーをし、次の日は風邪をひきました。またこんな事になってはいけないと思い、その後はなんとか電源を入ったものの修理を依頼する事にしました。次の日、修理業者に来て頂きました。18年も使い続けた給湯器の為、もう古すぎで部品もなく、交換するしないと言われました。コンピューターも故障している可能があるとも言われました。給湯器の寿命を訊いたところ、だいたい10年だと言われました。そう考える18年も、今までよく働いてくれたのかもしれません。

18年目についに交換

急いで、給湯器の交換を決めなくてはなりませんでした。一度、調子が悪くなったものの、その後は順調に動き、ちゃんとお湯が出る状態です。しかし、寒い夜にまたいつ調子が悪くなるかと思うと、交換を決断するしかありませんでした。知人に新品だと高いので、中古の給湯器と交換したらいいのではないかとアドバイスされました。それもそうだと思い検討してみましたが、やはり、冷たい水でのシャワーの経験がトラウマとなり、新品のコンディションの良いものと交換する事を決意しました。工事はまだこれからなのですが、修理屋さんがまだ今の給湯器が動いてくれているか、すごく心配してくれています。何せ18年目ですからね。選んだ新しい給湯器は省エネよりも、安全性を重視して選びました。

長年利用する

給湯器は長い間利用する機器になります。そのため、寿命も他と比べて早い場合があります。ですが、現在は技術が進歩しているため給湯器の寿命は伸びており、簡単には寿命を迎えないようになっています。

» もっと読む

寿命を知る

ガス給湯器は定期的に点検し、壊れる前に交換や修理をすることが大切なのです。なぜ壊れる前に修理や交換しないといけないのか紹介するのでまずは点検するポイントを把握しましょう。

» もっと読む

ページの上部へ